Monthly Archives: 7月 2014

You are browsing the site archives by month.

保無添加保湿剤
わが家は、保湿剤にこだわっています。

子ども達のアトピーケアとして保湿剤は欠かせないのですが、必ず無添加の保湿剤を使うようにしています。

なぜなら防腐剤などが入った保湿剤の塗りすぎによって、アトピーが悪化する可能性があるからなんです!!知ってました?

アトピーの子たちは肌が弱いので、保湿剤を塗りすぎることによって、防腐剤によって皮膚が酸化してしまうんです。すると肌がガサガサになり、黒ずんでしまいます。

もちろん大人も同じような副作用があります。

アトピーの用に毎日何度も何度も保湿剤を塗るという状態で無ければ、ここまでの状態にならないかもしれませんが。

ちなみにステロイドと防腐剤などの人工物が入った保湿剤を二年間塗り続けた、わが家の息子はまさにこの「皮膚の酸化」が起きました。

そしてステロイドと保湿剤の副作用が怖くなって、どちらもやめて無添加の保湿剤を使うようになったのです。

無添加保湿剤選びのコツ

まず知っておく必要があるのは、人の肌は自分自身で保湿するチカラがあるということです。しかし、アトピーの症状がある場合、その保湿力が非常に低下しているのです。

そのため保湿剤を塗って、その保湿剤の成分で代わりに保湿するという考えが一般的なのですが、実はそこに落とし穴があります。

確かに保湿剤の成分で肌は保湿されますが、もともと弱まっている「肌の保湿力」がますます落ちてしまうのです。

そうなってしまうと、保湿剤なしには生活出来ない状態になってしまいます。ちょっと保湿剤をやめれば、肌はガサガサのガチガチ状態に戻ってしまいます。

それでは本末転倒ですよね。

しかし、その保湿方法とは根本的に考えの異なる保湿剤があります。

それは、肌を保湿することよりも「肌の保湿力をアップ」することが目的の保湿剤なのです!それが無添加保湿剤選びのコツなのです!

今までいろんな保湿剤を調べ、試してみましたが、そのタイプの保湿剤は数少ないと思います。その中で特に効果的だった無添加保湿剤を紹介します!

肌の保湿の力をアップ出来る『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

わが家のおすすめは、今やアトピーの方々や超乾燥肌の方々に知れ渡っている『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』が口コミ通り効果的でした。

もう定番の保湿剤なのですが、わが家で使い始めた頃はまだまだ知名度がそこまででは無くて、「お試し感覚」で始めました。

その時の写真です↓

みんなの肌潤糖

この肌潤糖のおもしろいところは、「肌に塗る砂糖」なんです。

砂糖と言ってもテンサイ糖なのですが、もちろん食用ではありません。砂糖の特性を活かして、肌の保湿力をアップさせるというものなのです。

ということは、砂糖がアトピーを治す訳ではなく、アトピーによって弱まった肌のチカラをサポートして、肌自体がアトピーの負けないようにするということです。

仕組みは公式サイトにイラストで紹介されていました↓

みんなの肌潤糖の仕組み

注文して二日後に届きました。
単品で頼んだので一袋(100g)3000円です。ウチのこの場合、首、腕、足に塗って一ヶ月ほど持ちました。他の無添加の保湿剤に比べると少し安いと思います。良心的ですね!

みんなの肌潤糖届きました

実際の体験談や詳しい利用方法なども同封されていました。

みんなの肌潤糖の成分

パッケージは主成分のテンサイ糖のイラストが描かれています。
全成分としては、てん菜糖、ココナッツオイル、ヘーゼルナッツ油、ブドウ種子油、ゴマ油、ヒマワリ油、サフラワー油、ビタミンE、グレープフルーツ果皮油、オレンジ果皮油、レモン果皮油、ジャスミン果皮油と表記されています。てん菜糖と天然のオイルのみです。

「着色料不使用」、「合成香料不使用」、「防腐剤不使用」、「植物由来の原料」、「パッチテスト済み」、「放射能試験済み」の赤ちゃんでも安心して使える保湿剤です。

みんなの肌潤糖の中身

↑中身の写真です。テンサイ糖が様々な天然オイルでコーティングされて、ザラっとした質感です。

匂いがとてもよく成分の柑橘系オイルの良い香がします。
うちの子どもたちも肌潤糖を塗ってあげると、「いい~におい!」と言って気持ちよさそうにしています。

わが家の『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』体験談

とにかく肌潤糖を塗った後は、肌がシットリとします。もちろんステロイドのように即効性はないはずですが、三日目くらいから肌の保湿具合が良い感じになりました。

そして、続けていくうちに日中も夜中も痒がることが少なくなったのです。特に夜寝てる時に寝ながらバリバリと掻いてしまって血だらけになる、ということが無くなっただけでもかなり助かりました。

肌の保湿がうまくいってるとこんなに痒みが少ないんだ!と改めて知ることが出来ました。

奥さんの乾燥肌用に肌潤糖体験談

実はうちの奥さんが妊娠中、産後にけっこう肌荒れがひどくて、肌の乾燥が続いてしまいました。本人はシワがクッキリ浮き出るのでがっかりしていたので、この肌潤糖を勧めてみました。

やはり数日使うだけで、肌がシットリと潤ったようで、「見て!シワが薄くなった!」と喜んでいました。

>>みんなの肌潤糖公式サイトはこちら

アトピーケア体験談!関連記事

>>「アトピーケアに無添加保湿剤体験談1」

>>「塩風呂でアトピーケア体験談!」

>>「沖縄の海でアトピー改善体験談!」

>>「アトピーが海で治る!?体験談!」

 

瀬戸のほんじお
塩風呂、塩サウナなど塩による美肌効果はたくさん人が経験しています。

わが家のアトピーの子ども達は毎日塩風呂に入っています。

キッカケとしては、海水浴で子ども達のアトピーの症状がかなり改善したのを目の当たりにし、家で海水浴を再現出来ないかと考えたことが始まりです。

塩風呂によって期待できるアトピーケアは大きく2点です。

1.塩分による「殺菌作用」

アトピーの症状が出て、掻きむしってしまった箇所にはたくさんの菌が繁殖しています。

アトピーということで、肌のチカラも弱く、それらの菌が繁殖することと掻いた傷によって痒みが増し、掻きむしってしまい、さらに症状が悪化するという負のサイクルにはまってしまいます。

その負のサイクルを塩の殺菌作用でリセットしてくれるのです!

すると掻いてしまう回数が減り、菌の増殖も減り、傷も回復し、肌がキレイになっていきます。

2.塩のミネラルによる「美肌作用」

美肌の為にミネラルをサプリで補給している女性も多いと思います。実はミネラルは人の体内で作り出すことが出来ないのですが、ミネラルたっぷりの天然塩のお風呂で、塩に含まれるミネラルを肌から吸収することが出来ます。

ただ、大切なのが、ミネラル豊富な塩は「天然塩」なので、スーパーで安く売ってる「食卓塩」では全く効果はありません。ミネラルも何もない、ただの「塩化ナトリウム」です。

天然塩はスーパーとかでもみかけると思いますが、わが家ではこれを使っています。↓

味の素 瀬戸のほん塩 1kg

塩はどれくらいいれるの?

塩を入れる量は決まりがあるわけではありません。

お湯の量も湯船のサイズも各家庭で異なるので、最初は少なめで入れて慣れてきたら増やすみたいな感じがいいと思います。わが家では幼い子どももいるので、大さじ3~4杯くらいです。

自分に最も合う量を試していくといいと思います。ちなみに海水の塩分の濃度は1リットルに35gと言われているので、それ以上は肌に負担になるかもしれません。

塩風呂の効果は?

わが家では4、5日で効果を感じました!最初は「あれ?なんか潤ってるような気がする」という感じだったのですが、明らかにガサガサしていた箇所がシットリしてきました!

シットリしてくると乾燥による痒みが軽減されるので、ボリボリと掻くことが減り、傷も治り、痒みがさらになくなるという良いサイクルが出来てきました!

特に冬の乾燥の時期には効果的でしたよ。

効果には個人差があると思いますが、乾燥肌やアトピーに困ってる人は一度試してみて下さい!
おすすめです!!

アトピーケア体験談!関連記事

>>「アトピーケアに無添加保湿剤体験談1」

>>「アトピーを緩和するカスピ海ヨーグルト体験談!」

>>「アトピーが海で治る!?体験談!」

>>「沖縄の海でアトピー改善体験談!」