ピーマン

わが家の小さな畑からは、日増しにたくさんの野菜が取れるようになりました。ピーマン、ナス、インゲン豆、ししとう、モロッコ、トウモロコシ、ミニかぼちゃ、トマト、キュウリ、枝豆などなど…。初めての畑での家庭菜園はかなりうまくいっています!

ナス

ししとう、インゲン、枝豆ミニかぼちゃミニトマト

実は、わが家の畑は「永田農法」という方法で行っています。「永田農法」って皆さんご存知でしょうか?あの漫画「美味しんぼ」にも紹介されている、知る人ぞ知る「農法」です。

必要最小限の水と液肥で野菜を育てることが特色で、「断食農法」、「スパルタ農法」、「緑健農法」、「ルーツ農法」など様々な呼び名がある農法で、作物を常に飢餓状態に追い込むことによって、植物が本来持っている力を最大限に引き出すと言うもの。野菜はもともと高原原産が多いので、その原産地の環境の近づけることによって、より美味しくなるという発想です。

有機農法が有名になっている昨今ですが、その有機農法で使う堆肥の残留農薬を問題視し、あくまで安全な成分としての化学肥料を使います。

永田農法 液肥

書籍もたくさん出ています。実際に我が家では二つの畑のうち、一つを永田農法、もう一つを通常の方法で育て始めました。しかし、あまりに永田農法で育てた野菜が大きく早く育って行くのを見て、途中でどちらも永田農法に変更しました。いくつかはすでに遅かったですが、ほとんどが美味しいたくさんの実をならしています。

永田農法 書籍

永田農法は特別難しいものではないので、興味がある方は一度お試しあれ。

永田農法のおすすめの書籍はこちら→決定版! 永田農法の野菜づくり事典

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Post Navigation